みなさま 今年もわずか1週間と少しになりましたが・・・大掃除なぞという 恐ろしいならわしに振り回されていませんか?
YOUやめちゃいなYO。気が楽ぅぅぅになるYO!
母ちゃんは出だしこそ エンジンかかっていたものの 失速しています(´o` )トホホ
年賀状も すがすがしいほどに表も裏も真っ白です(´o` )トホホ

IMG_6995.jpg


さて シニア検診のつづきを・・・
今回も非常に文字ばっかりなうえに ながーーーーくなりそうなのでお時間ない方はスルーしてください(∵・ω・)サーセン。

CT撮って 分かったことは 小腸のデキモノ(以下→小粒野郎と呼んでいます)のほかにも
肝臓、胆のうに 石が見つかりました。
でも こちらは細かいもので お水をたくさん飲むことで出てくれるでしょう、悪さするほどのものではないとのことで要観察ということに。
今回CT撮るか否かで 本来悩んでいた要観察診断となっていた
副腎が大きめ、の副腎も念入りに診てもらい・・こちらも問題ないでしょう。とのこと。

今回のシニア検診 母ちゃんの安心のために・・の予定が思わぬ病気を見つけてくれました。
しかも 超早期発見です。
自覚症状ももちろん なかっただろうし私生活でもなんら異変がない状態での 発見。

小腸の腫瘍は 発見が遅れることが多いそうです。
たいていは 吐き、下痢などの症状があらわれてからの検査→発見との流れだそうで。
しっぽちゃんは 吐きも下痢も全くなく 健康じぃさんだったのです。

今回のシニア検診のエコー・レントゲン・CTでのおかげで
ちっちゃな体のしっぽちゃんの中のことたくさん 教えてもらえました。


13日に検診を受けて 最短での手術は18日に決まりました。
小腸の手術で「緊急手術」でないことが とても気持ち的にも救いになりました。

18日まで 何もおきないでほしい。
18日まで 健康で元気なままでいてほしい。

あと何日・・と指折り数えて 憎き小粒野郎を取り除くまで過ごしていたかったです。

だけど CTを撮ったその次の朝から うんぴに変化が見られ始めたのです。
きもーーーち ゆるいかな 程度。
甘えん坊しっぽちゃん 母ちゃんと半日以上はなれて ましてや病院なんでアウェイなところに置いていかれたショックからなのか。。。
それとも 小粒野郎の悪さの始まりなのか。

IMG_6552.jpg

ゆるいけど 元気 食欲もある。
小粒野郎の悪さではないかな。。。と気を緩めたある日のお散歩。

小粒野郎の症状が出たら・・と説明を受けていた症状が一気に出たのです。
母ちゃん頭パニック。
なんで?なんで? だって超早期発見だって言ってたじゃん。
頭の中 パニック。

苦しそうに 吐き、ゆるうんぴからピーへと ステップアップ。
母ちゃん長い長い坂道を 抱っこして帰りました。

途中何度も えづくしっぽちゃんを 下ろしては背中を擦り。。
母ちゃんの体力も限界 でもああいうときって 火事場のバカヂカラが発揮できるものなのね。

家にたどり着いたときは 母ちゃん呼吸できなくなってた・・・なんてヘナチョコなのかしら
息子がびっくりして飛び出してきてくれて パニックおこしてる母ちゃんの様子でしっぽちゃんの くえーーって苦しそうなしっぽちゃんに気づいてくれて。。。

5分後には家出て病院まで運んでもらいましたです。
なんと 頼もしく見えたことでしょう。。。
とてもじゃないけど 運転できる状態じゃなかったわ(-д-;)

病院には電話して緊急性を伝えてから 行ったおかげですぐに処置室へ。
吐き気止め、抗生剤、炎症止めの点滴を受けて
検便の結果は 問題なし。熱もナシ。

とりあえずホッと胸をなでおろす。。という 大変な日でした。

ちなみにこの日は 旦那の誕生日会を予定していて義父や子供達も予定を合わせて我が家でパーチーの予定。
もちろん しっぽちゃんの一大事ということで ぜーーんぶドタキャン。
非常にメンドクサイと思っていた母ちゃんの ために・・・? と思ったことはナイショ。

しっぽちゃんは 上から下から出し切って楽になったのか。
点滴のおかげか。
病院から帰ってからはケロッっとしてました~

手術前のハプニング。。。
あんまり 母ちゃんを心配させないでおくれ・・・


 

健康診断のススメ ③

健康診断のススメ ①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。